Mashimaro Motors 3D-Print Models

​3Dプリントモデル #気まぐれ編

その-2

65139906706__03A5BABC-E698-4490-8A9D-532AA5EEF7D3.jpg
さて、サポート材を外したあと凸凹を整えるため、軽くヤスリがけします。
​蓄層もある部分もヤスリがけします。
後で気づいたのですが、結構ボディが薄くて下手したら穴が空いていたかも知れない、注意が必要ですね!

塗装開始〜!

マンション生活で、ダクトを流す事ができないので、自作の塗装ブースで、ビニールをかけて両手だけを中に入れて、細菌を扱うような簡易BOXで塗装してます。

細かな塗装は、場所がないので仕方なくパソコン机でやってます。ホントは作業机が欲しいのですが3Dプリンターに占領されているからです。

IMG_4763.jpg

自作デカールシート(はがきサイズ)にプリントします。かなり前に購入したものからか?ちょっと劣化してました。
スペースが余ったので、マルニターボ用のデカールもついでにプリントしました。

IMG_4766.jpg

使ったデカール紙は背景が透明のタイプなので、赤いマークに赤では溶け込んでしまうので、白で背景を押さえてデカールを貼ります。

ちょっと無理やり剥がしたので、くしゃの手前になってしまいました。

実際に貼ってみてわかりました、ちょっとサイズを誤っておりました。
塗装をしてからサイズを測ればよかったのですが、バックの白い帯が微妙に狭くなっており、後の祭り状態!

接写すると、粗が見えますな〜(経験不足)

IMG_4769.jpg

あれ〜、ボクチャンまだ塗られてないよ〜
​出してぇ〜

とりあえず、ケースに収めます。

このドライバー坊やを、半分ほど着色して確認のためにはめてみたら・・・外れなくなってしまって、しぶしぶはめたまま着色するという、ボトルシップ作成のようなことになってしまいました。(汗

完成〜っ!

IMG_4784.jpg
IMG_4785.jpg

おまけ

昭和レトロ風

勇み足で作業しました。反省点は「慌てるな!」のひとことですね!マスキングがしっかり定着していなかったり、デカールを貼ったあときちんと水分を取る!など。

​まぁ、突き詰めれば終わりがありませんが、このあたりで寸止めするポイントの見極めが必要ですね!