六角大王Super6から3Dプリント その2

3号機になるはずのポルシェカレラRSのデータ修正が進まず、変更を強いられる中

もっと以前に作った3Dデータの方が単純で問題はないのかと、引っ張り出してきた!



Chevy-Nova-427(別名:ダッシュNOVA)


一度に出力は多分無理だな!と思い、ボディとシャーシの2分割でやることにした。

まずはシャーシ。これをベースにすれば2台目からボディだけでいける計算。

差し込み口も作って、「合体!」させます。




まずは、ベースとなる後輪部分。

しかし、エラーが出る!


チェックすると、閉じていない部分があった!


しかし、まだエラーが起きる。

このデータも修正が多く結構な時間を取られたし、ホィールなんかは何度やってもエラーが起きるので削除してGO!

やはり、細かすぎる部分は端折るしかない。


一応、取り込めたので「サポートを自動」で・・・・・


ビックリだわ!



仕方ないので、要らなさそうなサポートを手動で削除していくしかない!

手動サポートもあるが、自信がないのであとから手で削除させていただきますわ!



また、底板のラフトが付いていない・・・


でも、付いていな方が前回の失敗みたいにならないのでよろしいかも!?




はい!ワニくん!出来上がり!!

それでもトータル4時間39分かかった。


使ったあとに毎回出てくるレジンの水槽内のゴミ。

「掃除する」ボタンで、再生できないものを固めてくれる、その後取り除いたあとレジン液を戻す。


残ったら使えるっていうのは、うれしいね!



サポート材を必死でとりはずしましたが、デコボコしているので、ヤスリをかけないといけません。

一応、MASHIMARO MOTORSのロゴを入れてみましたが、発掘された遺跡のようですな(笑


次は、上にあるボディー側です。


今回も、何度もエラーが起きるので、元データに戻って修正してチェック!の繰り返し。

案の定、オリジナルのホィールは駄目らしく、外しました。


それと、サポート材の間引き!



グリルやエンジン周りの、どう見ても邪魔してそうなサポートを削除。



今回は、3時間15分でした。


水洗い後、残念なお知らせ!


ナンバープレートがぁ・・・・・・


ペランペランすぎて崩壊しました。残念!


イメージとの比較

良く出来てる所と、そうでない所、ナンバープレートが薄すぎて剥がれたし、ホィールが簡略化しないとエラーが出る所、などなどやってみないとわかりませんね〜!


実際のサイズは?!


チョロQとの比較です。

ダッシュNOVAの本体の長さ80mm 幅60mm 高さ60mmです。

プリントサイズが、長さ150mm 幅80mm 高さ130mmです。


ボディとシャーシの接続部分は計算どおりにいきませんでした。長さが若干足らない?


1号機のポルシェはチョロQに近い大きさで、今回は1度でプリントできる大きさかな?




粗方わかってきたので、ここから、さらに修正を加えて行きたいと思います。


つづく・・・・・

Recent Posts
Archive