六角大王Super6から3Dプリント その1

「自分の六角大王super6での3DCG作品を、流行りの3Dプリンターで出してみたい!」


そのプリンターが販売しだした頃から様子をうかがっていました。


当初はフィラメントを使う方式のプリンターなら、お小遣いで買える値段ではあったが、品質がどうもイマイチで様子見の状態でした。そして、最近になり光造形のプリンターも安価で出回るようになり、頃合いを見測っていました。


ただ、いろいろ調べて行くとプリントする3Dデータは(.stl)というものでないといけないらしく、今までコツコツ作ってきた3Dデータの書き出しにはありませんでした。


そこで、Blenderというフリーのソフトをインストールして覚えようとしました。


イチから覚えるのは至難の業。すでに出来上がっている六角大王の呪縛からは逃れられず、3Dプリンターで出す(.stl)に書き換えるだけのソフトと化しました。


しかし、そのBlenderにインポートするにも(.obj)に変換しないと受け取ってくれません。

そしてその変換で、ポリゴン数は増えるわ、カラーデータ名も書き換わるで何とも簡単に使わせてくれません。


そんな中、CHITUBOXという3Dデータを出力用データに変換してくれるフリーソフトを発見!

カラー情報のない(.obj)を受け取れるので、六角大王からインポートできるではありませんか!!


一気に3Dプリンターが欲しくなった!


Youtubeで、いろいろ検索したりしてこの機種に決めました。





NOVA3D BENE4 MONO 3Dプリンター


決め手は、カバーを外すものではなく、後ろへ倒すので省スペースですむ。


消耗品がamazonで比較的入手が容易なこと。


プリントする台のレベリング(水平位置合わせ)が不要なこと。


入力方法が、Wifi/USB/有線ケーブルの3つがあること。


そして、たまたまamazonのタイムセールで5,550円引きだったこと。


レジン液代1本(1000g)が浮きました。


到着後、購入した3Dプリンターは、(.cws)というデータに変換しないといけない事実を知る。




また、プリントする3Dデータは、閉じたプリミティブでないと行けない。

私はいままで画面で見るだけでよかったので、ボディは皮1枚の状態で良かった。


少なくとも、厚みがないと駄目なので過去作のポルシェカレラRSを修正