NISSAN DEBONAIR

三菱デボネア

デボネア(Debonair )は、三菱自動車工業(当初は三菱重工業)が1964年から1999年まで製造していた高級乗用車である。1986年の22年間、基本設計・デザインの変更無しに生産され続けたことから、「走るシーラカンス」と呼ばれた。

スタイリングは、元ゼネラルモーターズのデザイナーであるハンス・ブレッツナーが担当し、1960年代のアメリカ製大型乗用車風のデザインモチーフを用いた、角張ったボディをデザインした。現在もそのオールドアメリカンタッチな風貌が人気の的で、特にフロントドアの三角窓&リヤのLテール仕様は、高価で取引されているとか。

このデフォルメ・デボネアもその一番格好良いと思われる、「三角窓&Lテール」を採用。広々とした室内はなんと、独り占め!!うるさい家族や、恋人ナシでゆったりひとりでドライビングが楽しめます。てか?

そんなデフォルメ・デボネアを、ステッカー風にこさえました。

Debonair is a high-end passenger car manufactured by Mitsubishi Motors (originally Mitsubishi Heavy Industries) from 1964 to 1999. It was called "running coelacanth" because it was produced continuously for 22 years in 1986 without changing the basic design and design.

Styling was designed by former General Motors designer Hans Bretzner and designed an angular body using the American-made large passenger car design motif in the 1960's. Even now its Old American touch appearance is popular, especially the L tail specification of the front door triangular window & rear is expensive and traded.

In case

This deformed Debonair also adopts "triangle window & L tail" which seems to be the best. What a spacious interior, it is a monopoly! ! Driving can be enjoyed relaxedly by a noisy family or a couple. Haha?

I dealt with such a deformed debonaire as a sticker style.

​回転するデボネアは、アメリカンなホィールとドアミラー仕様になっております。

The rotating Debonair is an American wheel and a door mirror specification.

マッスルデボネア

もともと、アメリカンな風貌からして、マッスルが似合わないハズがないと、マッスルエンジンを搭載しました。

​エンジン全開アニメでお楽しみください。(音がほしかった

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2019 by mashimaroise.net