サンフランシスコの坂でバトルをする、ブリブリット刑事とマフィアが手配した殺し屋二人。追跡していた殺し屋がいつの間にか追跡される羽目に!

FORD MUSTANG GT390 FASTBACK

映画の中での見どころ、ブリブリットが白煙をあげてバックするシーンの再現です。

1968年フォード・マスタングGT390 ファストバックを操るブリブリット刑事。マスタング特有のカラカラ乾いたエンジン音は、低いエンジン音のダッジ・チャージャーとは対象的だ。

似てねぇ〜スチーブ・マッキーン!

DODGE-CHARGER R/T 440-MAGNUM

敵車の殺し屋が乗る、1968年ダッジ・チャージャーR/T440マグナム。まぁ、パワーのある車とはいえ、2人乗っていれば1人のマスタングに追いつかれるのは、目に見えるもの。最後はガソリンスタンドに突っ込んで息絶える。その間、セリフが一言もないのは、クールな殺し屋を演出させるためだったのか?

無言!!!

ミニショットガン!? ざらっざら!

やっぱ日本人には擬音も日本語でなきゃぁ、シックリきませんな!

円すい型ジオラマってか?

バックスクリーン取っちゃってなんでも回したがる、マシマロクンの悪い癖。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon

© 2019 by mashimaroise.net