Mashimaro Motors
3D-Print Models

​3Dプリントモデル

自作デフォルメカー
MK-1
sunnytruck
R-2SS-Dragmonster
自作デフォルメカー ポルシェ911RS
Dash-NOVA-SS-tobira
1/1

やっとそんな時代が来た!

かねてから自分で作ってきた仮想3Dデフォルメカーが、なんとかして現実のものにならないかと、探ってきました。出力センター等で3Dモデルを取り扱ってもらえるようになってきたとは言え、私が作った「六角大王Super6」の遺産では何ともなりませんでした。

3Dデータをプリントするには.stlという拡張子のデータに置き換えないと出力できないようで、Fusion360をDLしてつくってみたりしましたが、なかなか慣れません。これはどちらかと言うとCADに近い数値入力のようで、私のような感覚イメージで作れるようなものではありませんでした。

なら、Blenderはどうか?と、幸い無料で使えるので書籍やYoutubeを見ては慣れようとしました。しかし、今まで使ってきた六角大王とは違い、ショートカットを覚えるところから、つまずいていました。

取りあえず、今まで作ってきた六角データをBlenderに取り込んで.stlに書き出し出来れば良いと思い、いろいろ試行錯誤を重ねておりました。

​そんな中、3万円台で3Dプリンターが買える事を知り、どの機種がいいのか模索し、タイムセールもあり、すかさずNOVA3D Bene4 Monoを購入。その紹介Youtubeを見てみると、なんとスライサーソフトの受けデータは.stlでなくても.objでも良いのを知り、光明が現れました!

六角大王からobjデータを直接、書き出し出来るのです!

​いちいち.stlに書き出す用のソフトを介しなくても出来るのです!

というほど、甘くない!

簡単に問屋はおろしてはくれない!

今まで何の考えもなく、気の向くまま制作してきた3DCG。

見た目で出来ていればそれでよかった!

実際に3Dプリントするとなると、そうは行かない!

プリミティブ(図形)は絶対に閉じていなくてはならない。

1枚の紙のようなものでは出力できない。

この2点が守られていないと、エラーが出る。

​それがスライサーソフトで事前にわかる!

​もう一度、六角大王に戻って訂正する→の繰り返し作業になります。